Wake On Lanについていろいろ試してみた

テレビをリモートで操作する方法を調べていたら、Wake On Lanにかかれているサイトに出会った。恥ずかしながら今までWake On Lanという言葉を知らなかった。文字通りLan 経由で起動するということだが、マジックパケットと呼ばれる方式で通信をすると、電源がOFFが状態から起動するということらしい。

まずはXYCベアボーンで試そうと思った。WindowsデバイスマネージャーのLANカードオプションからWake On Lanを設定。これは問題なかった。次にBIOSの設定しようとしたら項目が出て来なかった。おそらくマザーボードがWake On Lanに対応していないということだろう。それでも、スリープ状態から起動することができた。

起動する側で試したのはRaspberry piでetherwakeというソフト。次にMacbookでwakeonlanというソフト使い方は次の通り

Raspberry pi
$ sudo aptinstall etherwake
$ sudo etherwake 01:02:03:04:05:06

Mac
$ brew install wakeonlan
$ wakeonlan -i 192.168.1.255 -p 9 01:02:03:04:05:06

Wake On Lanをきっかけはテレビだが、そのサイトもうちと同じソニーのブラビアなので一応試してみた。家のほうがずっと古いがダメ元で、一応Lanポートもついているし。

試してみるとうんともすんとも言わなかった。インターネットで調べると。Wake On Lanには対応していませんと明記されていた。

このまま、試すことが出来ないで終わってしまうのか。と思っていたところ、会社で使っているDell 製のDesktopパソコンで試すことにした。このPCはやり方の手順がのった例までのっているサイトがあったのでできることは間違えなし。Windowsの設定とBiosの設定をやったらできるようになった。

今回わかった事はWake On Lanができる状態では、電源を切った状態でもLan接続している部分のランプが点滅すること。でなきゃ、パソコンの電源を落とした状態で、マジックパケットを受け取ることができるわけがないから。

そもそもWake On Lanがどんな動きをするかわからなかったので、正解までたどり着けてよかった。

参考にしたサイト

Raspberry Piで自宅内のWindows機を起動させる (Wake-on-LAN)
Wake Other Computers from Mac OSX
Windows10でWOL(Wake on LAN)の設定を行う
最近のDELL OptiplexでWOL(Wake on LAN)をするには?

XCYベアボーンキットにWindows10インストール(2)

Windows10を諦められない

DebianでやっていたがWindows10が諦められない。できないままで終わるのは嫌だ。それにWindowsのデスクトップアプリを試す環境がどうしても欲しい。前回は起動ディスクをUSBメモリーで作ったが、DVDにしてみてはどうか。イメージファイルをDVDに焼いてインストールすることにした。

イメージDVDを作成

MACでイメージファイルを焼くのはすごく簡単。外付けのDVDドライブを取り付けて、新しいDVD-Rをセットし、Finderでイメージファイルを右クリックして「ディスクイメージファイルを・・・.iso をディスクに書き込む」だけ。書き込みにかかる時間はUSBメモリーに作成するよりずっと早い。

XCYベアボーンへインストール

外付けDVDドライブを取り外し、そのままXCYベアボーンへ取り付け、F11を押しながら起動し、起動後、何かキーを押せばインストールが開始する。後はウィザードに従うだけ。思ったより簡単にできた。

Wi-Fiは問題なし

Debian 9で苦労したWi-Fiの設定はWindows10では全く苦労せずに設定できた。さすがWindowsだ。

画面が真っ暗に

しかし問題が起きた、一度シャットダウンして再び電源を入れたら、ログイン画面は表示するが、ログイン後に画面が真っ暗でマウスポインタだけ映るようになった。Ctrl+Shift+Delete メニューは問題なく表示する。調べてみるとグラフィックでエラーが出ているとのことだった。コントロールパネルのデバイス設定を見るとエラーになっていた。そのままドライバーを更新たところ解消した。次からはシャットダウンして立ち上げても全然問題なかった。

Macからリモートディスクトップ

Macからリモートデスクトップで接続して作業したかったので、Windows 以前使用したことがある、Remote Disktop Ver8で接続することを確認。しかし画像ファイルのコピペができないから使い勝手が悪いと思った。調べるとVer10では出来るらしい。早速ダウンロードして接続しようとしたが、ログインするところで接続できなかった。いろいろ調べて試してみた。結果的に言えば通常しているログインIDではなく、Windows ID でログインすることが出来た。 画像のコピペができることも確認した。

XCYベアボーンキットでDebian9 セットアップ Wi-Fiに苦労

前回、Windows10は起動すらしなかったが、Debian 9は問題なくインストールが開始した。ウィザードに沿ってクリックしていくだけなので、通常のセットアップは全然問題なかった。

Wi-fiが全然つながらない

1つだけ苦労した点がある。Wi-Fiが全然つながらない。有線Lanはあるので、そちらからはつながることは確認した。
下記コマンドで確認。

lmjs@debian:~$ lspci -vvnn | grep -A 9 Network
02:00.0 Network controller [0280]: Broadcom Limited BCM43224 802.11a/b/g/n [14e4:4353] (rev 01)
Subsystem: Broadcom Limited BCM43224 802.11a/b/g/n [14e4:04d8] Control: I/O- Mem+ BusMaster+ SpecCycle- MemWINV- VGASnoop- ParErr- Stepping- SERR+ FastB2B- DisINTx-
Status: Cap+ 66MHz- UDF- FastB2B- ParErr- DEVSEL=fast >TAbort- <TAbort- <MAbort- >SERR- <PERR- INTx-
Latency: 0, Cache Line Size: 32 bytes
Interrupt: pin A routed to IRQ 18
Region 0: Memory at f7c00000 (64-bit, non-prefetchable) [size=16K]
Capabilities: <access denied>
Kernel driver in use: bcma-pci-bridge
Kernel modules: bcma

これを見ると、XCYベアボーンキットのWi-FiドライバBroadcom Limited BCM43224が認識してそうなかんじだ。

いろいろ調べているうちにdebianページにのやり方が書いてあった。DebianではBroadcomのドライバは初期でインストールされていないようだ。
brcm80211 – Debian Wiki

まずは、/etc/apt/sources.list の最後の方に書きを追加
“`
deb http://deb.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free

インストールと反映

lmjs@debian:~$ sudo apt update
lmjs@debian:~$ sudo apt install firmware-brcm80211
lmjs@debian:~$ sudo modprobe -r brcmsmac
lmjs@debian:~$ sudo modprobe brcmsmac
“`

余談 Minecraftは動くか

数年前に買ったAcer製のネットブックにMinecraft PC版をインストールしたときは全然動かなかったので、試しにインストールしたところ、全然問題なくプレイすることができた。

ちなみにAcer製のネットブックでもWindows10バージョンは問題なく動作した。

XCYベアボーンキットにWindows10インストール(1)

メモリカードからのOS起動

早速OSをインストールことにした。8GBメモリーだから64bitOSでないと意味が無い。Windowsデスクトップアプリを作って試す環境がほしかったのでWindows10 64bit版にした。Windows10はインターネットサイトからダウンロードした。

USBメモリーへ書き込み

macからの書き込みはターミナルでコマンドラインから実行した。

diskutil eraseDisk MS-DOS UNTITLED /dev/disk4
diskutil unmountDisk /dev/disk4
sudo dd if=/Users/username/Win10_1803_Japanese_x64.iso of=/dev/disk4 bs=1m
diskutil eject /dev/disk4

ddコマンドには1時間半ぐらいかかるので気長にやるしかない。途中進んでいるか不安になるが、ctrl+tで現在の容量を確認することができる。

XCYベアボーンキットから起動

電源ボタンを押したらF11キーを押しすと、外部から読み込みが始まる。しかしうんともすんとも言わない。Biosから読み込みドライブの順番を変えてもダメだった。

64bit版だからダメなのだと思い、USBメモリに32bit版を書いて実行したがダメだった。このインテルCPUは64bitだということは知っていたが、もしかしたらと思い試して見た。何度か試してもダメだったので、諦めて他のOSで試そうと思った。Linuxでまた使ったことのないDebian 64bit版にすることにした。早速Debianで試してみたら難なくインストールが開始した。せっかくだからこのままDebianをインストールして試すことにした。

この日はDebianに落ち着いたけれど、USBメモリに、OSを3回も書き込んだのでかなり時間がかかった。

XCYベアボーンキットのメモリーとSSDの交換をした

前回、XYCベアボーンキットが起動することを確認して、メモリーとSSDを交換することにした。

中身を確認しようとしたら意外に苦労

まずは中がどうなっている確認。底面のカバーを開けて中身を確認しようとしたところで最初につまづいた。どうやって開けるんだ?見る限り皿ビスが2箇所しかない。よくよく見てみると皿ビスがあるべき場所にシールが貼ってあった。この下にビスがありそうだ。早速はがすとビスはあったが、文字が転写された。故障し、メーカへ出した時にフタを開けたかどうか分かるようにしているのだろう。

皿ビスを4箇所外してフタを取り外そうとしたら外せない。他に止まっているところがあるのか? しかし全然見当たらない。どうやらしっかりとハマっているだけのようだ。長孔に引っ掛けて取ろうと思ったけれど曲がってしまいそうだったのでやめた。外した皿ビスを、カバーのビス穴に付けて、ラジペンで引っ張ってフタを取り外すことができた。

裏面画像

ようやく中身を確認できた。

中身の画像


部品はAmazonで購入

SSDは2.5インチタイプ、メモリーはSO-DIMM(DDR3L)と取説に書いてあったので早速Amazonでなるべく安いものを探がした。

Amazon | シリコンパワー ノートPC用メモリ 1.35V (低電圧) DDR3L 1600 PC3L-12800 8GB×1枚 204Pin Mac 対応 永久保証 SP008GLSTU160N02 | シリコンパワー | メモリ 通販

Amazon | KingDian mSATA mini PCIE 32GB 60GB 120GB 240GB SSD Solid State Drive (30mm50mm) (M280 240GB) | KingDian | 外付SSD 通販

注文して翌日発送。さすがAmazonだ。早速取り付けた。部品の交換自体は。ノートパソコンの部品交換と同じような感じ。特に問題なくすんなり交換することができた。

次回はOSインストールだ