XCYベアボーンキットにWindows10インストール(2)

Windows10を諦められない

DebianでやっていたがWindows10が諦められない。できないままで終わるのは嫌だ。それにWindowsのデスクトップアプリを試す環境がどうしても欲しい。前回は起動ディスクをUSBメモリーで作ったが、DVDにしてみてはどうか。イメージファイルをDVDに焼いてインストールすることにした。

イメージDVDを作成

MACでイメージファイルを焼くのはすごく簡単。外付けのDVDドライブを取り付けて、新しいDVD-Rをセットし、Finderでイメージファイルを右クリックして「ディスクイメージファイルを・・・.iso をディスクに書き込む」だけ。書き込みにかかる時間はUSBメモリーに作成するよりずっと早い。

XCYベアボーンへインストール

外付けDVDドライブを取り外し、そのままXCYベアボーンへ取り付け、F11を押しながら起動し、起動後、何かキーを押せばインストールが開始する。後はウィザードに従うだけ。思ったより簡単にできた。

Wi-Fiは問題なし

Debian 9で苦労したWi-Fiの設定はWindows10では全く苦労せずに設定できた。さすがWindowsだ。

画面が真っ暗に

しかし問題が起きた、一度シャットダウンして再び電源を入れたら、ログイン画面は表示するが、ログイン後に画面が真っ暗でマウスポインタだけ映るようになった。Ctrl+Shift+Delete メニューは問題なく表示する。調べてみるとグラフィックでエラーが出ているとのことだった。コントロールパネルのデバイス設定を見るとエラーになっていた。そのままドライバーを更新たところ解消した。次からはシャットダウンして立ち上げても全然問題なかった。

Macからリモートディスクトップ

Macからリモートデスクトップで接続して作業したかったので、Windows 以前使用したことがある、Remote Disktop Ver8で接続することを確認。しかし画像ファイルのコピペができないから使い勝手が悪いと思った。調べるとVer10では出来るらしい。早速ダウンロードして接続しようとしたが、ログインするところで接続できなかった。いろいろ調べて試してみた。結果的に言えば通常しているログインIDではなく、Windows ID でログインすることが出来た。 画像のコピペができることも確認した。