「OUTPUT 学びを結果に変えるアウトプット大全」を読んで

勉強する習慣はあると思うが、なかなか思うように進まなく結果が出ない。原因は実践(OUTPUT)が足りないのではないかと思っていた時にこの本をAmazonで見つけ思わず買った

一言にアウトプットといっても、さまざまな方法があるということがわかった。
作者が精神科医の先生ということもあり、前向な日記を書くとか、楽しむなど心理学的な技術も書かれていたので、勉強になった。

最終章のアウトプットを高める7つのトレーニングは

  1. 日記を書く
  2. 健康について記録する
  3. 読書感想文を書く
  4. 情報発信する
  5. SNSに書く
  6. ブログを書く
  7. 趣味について書く

この7つだが、どれもすぐ出来て続けられそうなものばかりだ続けられそうなものばかりだ。

1の「日記に書く」は今までも時々Evernoteに書いていたが、数週間空いてしまうこともあった。しかも本には基本的にポジティブな出来事や、楽しかったことを中心に書くとあったが、今までは、愚痴や嫌だったことなどネガティブな事を書いて、嫌な思いを吐き出してスッキリしてたつもりだった。ポジティブな楽しいことを書かなかったから、続けられなかったのかもしれない。

2の「健康について記録する」は朝起きた時に、体重、その日の気分、睡眠時間、気分のいい、悪い理由を書くいてフィードバックするという内容であった。これも今まで体重だけは記録していたがやはり間が空いてしまっていた。体重だけでなく、気分や善悪の理由まで書くのが重要かもしれない。この1ヶ月は続けられている。

3〜7はこのブロブを始めたきっかけとなった内容だった。とくに情報を発信するという点については効果があると感じている。情報を発信するには書くためにいろいろ調べたり、考えなくてはならないし、まとめるために内容を精査するので理解力が深まるとためだ。読書感想文、SNS、ブログ、趣味についってとう言うのは情報発信の道具や内容なのだと思う。

ブログを始めてからもう少しで1ヶ月になるが、続けていけそうな気がする。これからも続けていきアウトプット力を高めていこう。

Apple漬けな生活

スマホはシャープSH03から始まり、HTC Butterfly, HTV31とずっとアンドロイドだったが、昨年iPhone SEに切り替えた。アンドロイドについては慣れているしiPhoneに比べて細かい設定ができることが気に入ってた。妻がずっとiPhoneを使っていたからiPhoneがどんな感じかは知っていた。

昨年末にiPhoneにした。理由はバッテリーの持ちだ。その時使っていたHTC HTV31 はハイエンドで機能は申し分ないが、バッテリーの消費は早かった。
夏休みに家族旅行でバンガローに止まった時に、コンセントがなかった。夕方ぐらいには30%切ったので、電源を切って過ごした。しかし妻のiPhone7はまだ70%ぐらいバッテリーがあり、2日間の旅行の間平気だった。

それがきっかけでiPhoneを検討することになり、冬にiPhoneX発売後に安くなっていたiPhone SEを購入した。

Androidのスマホ時代は朝順電満タンの何もしなくても昼ぐらいで半分近くに電池残量が減っていしまっていたが、iPhone は何もしなければほとんど減らない。しかし満タン状態からだと100%でいる時間がかなり長いから、満タンは120%ぐらいあるんじゃないかと思ってしまう。

タブレットも2年ぐらい前にauのお得プランにのってHuaweiのを手に入れたが、この夏iPadを手に入れた。

パソコンはMacbookを使って4年ぐらいたつ。US配列のキーボードで結構気に入っている。

現在仕事以外はapple漬けだ。

iPhoneに良いと思ったのがfacetimeだ。Lineやskypeのように専用ソフトが必要無いので、電話番号を登録してあれば、iPhone同士ネット経由で通話ができる。現地でお客さんと連絡する時にWi-fiに繋がっていればお金がかからない。

一度facetimeでやり取りすれば、SIMを入れ替えてもfacetime でやり取りができる。去年と今年はアメリカに出張することが多く、役に立った。

しかし最近驚いた。朝出勤前で慌ただしくしていたときだった。突然、iPhone、Macbook、iPadがすべて鳴り出した。アメリカにいるお客さんからの電話だった。iPhoneで電話に出たら、MacbookとiPadは鳴り止んだ。

MacbookとiPhoneの連携は素晴らしいが、電話がかかってくるとこんな感じになることは初めて知った。

「筋トレが最強のソリューションである」を読んで

ジムの一角に運動、食事などに関する本が5,6冊おいてある場所があり、その中に、「 筋トレが最強のソリューションである」とタイトルが目を引く本があった。文字数が少なく読みやすいので、すぐに読み終えることができた。

内容はざっくりいうと身の回りに起こる問題は筋トレをすれば解決するとの内容。ダイエットだけではなく仕事、恋愛、プライベートなど、さまざまな問題に対して解決できる。筋トレをすることで、適度に汗をかいてストレスが解消され、テストステロンというホルモンが分泌され自身が湧いてくるとのことらしい。

筋トレであっという間に解決する悩み ①「モテたい」→筋トレ、②「やる気が出ない」→筋トレ ・・・ 
みたいな感じで筋トレをすることがどれだけ素晴らしいかということがずっと書いてある。中には筋トレには関係無い割と哲学的なことも書いてあるところも良い。

あまりのインパクトに思わずKindleでダウンロードした。それでたまに読むと、やる気が出てくる。文字数が少ないのですぐに読み終わるところも良い。

悩んだら筋トレをやれと、割とふざけているよな内容だが、結構まとを得ているような気がする。筋トレをやると気分がハイになってくるのもわかる。
ジムへは何年も通ってはいるが、年々体重が増えている。仕事の忙しさを理由にあまりジムへ行けないことが多いからだ。どんどん筋トレをしていこうと思う。